ブロックチェーン関連企業

KDDIのブロックチェーン戦略について整理してみる。

はじめに

本記事では、国内を代表する通信会社として知られるKDDIのブロックチェーン戦略について整理します。

KDDIのブロックチェーン戦略

クーガーとの実証実験

2017年9月から、KDDI株式会社は、クーガー株式会社と共に、「AI✕IoT✕ブロックチェーン」による次世代サービス基盤の検討を開始しています。

プレスリリースについては以下の通り。

  • KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下「KDDI」)、株式会社KDDI総合研究所 (本社: 埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長: 中島康之、以下「KDDI総合研究所」)、クーガー株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役CEO: 石井敦、以下「クーガー」) は、2017年9月27日より、国内で初めてEnterprise Ethereum (注1) を活用した「スマートコントラクト」の実証実験を開始します。
  • また、KDDIは、同日より、Enterprise Ethereum Alliance (以下、EEA) (注2) に加入しました。
  • 「スマートコントラクト」は、ブロックチェーン (注3) を活用した技術によって、あらかじめ取り交わされた約束や契約を、改ざんが困難な形でプログラム化し、条件が合致した際、自動執行する仕組みです。
  • この度の実証実験では、当社の既存事業に加え、非金融事業を含めEthereum (注4) 等のプラットフォーム上で開発されたオープンサービスや、協業先サービス連携を想定した「スマートコントラクト」活用の事業上および技術上の課題と効果を検証します。
  • 第一弾として、KDDI、KDDI総合研究所、クーガーは共同で、ブロックチェーン技術を活用し、携帯電話の店頭修理申し込みから完了までの工程における、リアルタイムな情報共有およびオペレーション効率化の可能性を検証します。
  • さらに「スマートコントラクト」により、修理事業とは別事業であるリユースサービスなど異なる事業者間におけるシステム連携の可能性を技術検証します。具体的には、携帯電話の修理の際、修理価格、機種変更価格、中古市場価格など異なるシステム間の情報をプログラムが自動判別し最適な契約が行えるかを検証していきます。

参考:国内初、「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したブロックチェーン「スマートコントラクト」の実証実験を開始

EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)に加入

また、クーガー株式会社との実証実験開始の発表と同時に、EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)に加入したことをアナウンスしています。

EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)に加入している企業は以下の通り。

  • Accenture
  • Bancor
  • Bigchain DB
  • BNY MELLON
  • CISCO
  • CME Group
  • Consensus Base
  • Consensys
  • COUGER
  • CREDIT SUISSE
  • DASH
  • Deloitte
  • DTCC
  • intel
  • JP Morgan
  • KDDI
  • Microsoft
  • metaps +
  • NTT DATA
  • MUFG
  • Santander
  • Scotiabank
  • SAMSUNG SDS
  • status
  • Ten X
  • TOYOTA Research Institute
  • UBS
  • We Trust

参考:EEA MEMBERS

おわりに

中長期的な経営方針として、KDDIはブロックチェーン技術を重点的な投資領域として捉えており、ブロックチェーン技術に精通した人材がますます必要となる可能性があります。

ブロックチェーン技術を学ぶには、本(書籍)で基本的な内容について学ぶことに加え、プログラミングスクールでのブロックチェーン講座の受講が有効です。

プログラミングスクールの中には、ブロックチェーンに特化したコースを設けているところもありますので、無料カウンセリングを受けてみるのも良いかと思います。

参考:ブロックチェーンを勉強する上でおすすめのプログラミングスクールを整理する。