スマートコントラクト

スマートコントラクトのセキュリティ監査プロトコル「Quantstamp(クオントスタンプ)」について整理する。)

プロジェクト概要

  • スマートコントラクトのセキュリティ監査プロトコル
  • イーサリアムのスマートコントラクトのセキュリティ面をより強固にするプロジェクト
  • 自動バグ検出機能を備えることにより、バグ検証に費やす時間を短縮することを目指す

独自トークン「QSP」の概要

経営陣

最高経営責任者(CEO):Richard Me

Bitcoin HFT Fundでアルゴリズムポートフォリオマネージャーを務める。以前は、Tower Research Capitalにて、C+/Python/Rを用いて、アルゴリズムトレーディングソフトを開発していた。

最高技術責任者(CTO):Steven Steward

ウォータルー大学大学院にてソフトウェア検証ツールのパフォーマンスと分散型コンピューティングとGPUによるソリューションの研究を行う。以前は、サンフランシスコベースでGPUによる機械学習とビッグデータ分析を行うスタートアップを共同創業していた。

トークンセール概要

  • ティッカーシンボル:QSP
  • トークンタイプ:ERC20
  • ICOトークン価格:1QSP=0.0002ETH
  • 資金調達目標:30,000,000USD
  • Proof of Caringを提出させることで、投資家を限定

ロードマップ

  • 2018年1月 Quantstamp検証ノードを構築する(拡張Ethereumノード)
  • 2018年2月 分析ソフトウェアv1を検証ノードに追加して、監査証明ハッシュと生の出力を返します。分析ソフトウェアv1を使用して第5半自動監査を完了する
  • 2018年3月 試験段階の開始と暗号経済的インセンティブの改善。アップグレード可能なプロトコル用のトークンホルダガバナンスシステムの実装
  • 2018年4月 システムのテストと検証を経てネットワークをテストする。システムの学術審査を開始する
  • 2018年5月 最初のQuantstamp hackathonを開催
  • 2018年6月 パートナーとのスマート契約保険の仕事を開始
  • 2018年7月 テスト/インセンティブ調整の数ヶ月後にメインネットのトークン所有者投票を保持
  • 2018年8月 メインネットv1をリリース
  • 2018年9月 Mainnet v2のBFTによる分散型SATコンセンサスの作業を開始
  • 2018年10月 スマート契約保険のアルファ製品をメインネットスマート契約に追加