• イーサリアム
    イーサリアムクライアントの中で代表的なものを整理
    2018年2月8日
  • ブロックチェーンの学習・勉強方法
    ブロックチェーン技術を勉強・学ぶ上でおすすめの本・書籍を整理
    2018年2月9日
  • ICO
    スイスの金融当局FINMAが定めた「ICOガイドライン」
    2018年7月6日
  • ブロックチェーンの学習・勉強方法
    ブロックチェーンを勉強・学ぶ上でおすすめのプログラミングスクール
    2018年2月9日
不動産分野にブロックチェーン技術を活用するメリットと応用事例

不動産業界にブロックチェーン技術を活用することで得られる利点

まず、不動産業界にブロックチェーン技術を活用することで得られる利点を整理します。

登記簿が不要に

登記簿が不要になります。

運用管理や情報管理が容易になる

運用管理や情報管理が容易になります。

仲介手数料が削減される

仲介手数料が削減されます。

ブロックチェーン技術の不動産分野における活用・応用事例

ブロックチェーン技術の不動産分野における活用・応用事例は以下の通り。

不動産登記に活用する事例

まず、不動産登記に活用する事例について整理します。

スウェーデン

2018年3月、スウェーデンの国土調査庁は不動産売買にブロックチェーン技術を取り入れることを計画していることを公表しています。2016年からブロックチェーンの導入に向けて実証実験を実施しており、2017年7月には、クロマウェイ社が提供するブロックチェーンのネットワーク上で、土地や不動産登記を開始した。従来のシステムでは、売買契約締結から売買の登記までに3-6ヶ月かかる場合もあったが、ブロックチェーン技術を活用することで、数時間に短縮できる可能性がある。ただし、現在のスウェーデンの法律では、不動産登記や購入における電子署名の利用は違法であり、法規制の部分をクリアする必要がある。

ウクライナ

ガーナ

2017年1月、ガーナで土地登記にブロックチェーン技術を活用する取り組みがありました。ガーナでは、紙ベースの土地登記の手続きに長ければ2年かかる場合もあり、手続きが完了した後も、所有権を巡ってのトラブルが相次いでいました。ガーナのスタートアップ企業であるBenBenは、ブロックチェーン技術を活用した登記証明のデジタル化の実現を目指しています。

グルジア

2016年4月、グルジア共和国政府はBitfury社と共同プロジェクトを立ち上げ、ブロックチェーン技術を活用した土地登記の仕組みの実現を推進しています。

日本

積水ハウスの事例

スマートコントラクトによる不動産取引の自動化

次に、スマートコントラクトによる不動産取引の自動化の事例を整理します。

米国

米国では、Propyというプロジェクトが存在しており、

IoTによる不動産管理

不動産テックという言葉も注目を集めつつある中、不動産分野にIoTを活用するスマートホームも盛り上がりを見せています。ただ、そこで気をつけなければならないのがセキュリティ対策であり、ブロックチェーン技術の導入が必要との指摘があります。

不動産仲介業はどうなるのか

完全にパブリックなブロックチェーン技術で不動産業界が再編成された場合、不動産仲介業者は大きな影響を受けることになります。

  • 【エストニア発ブロックチェーン企業】Guardtimeの特徴を整理
  • 【活用事例】電通のブロックチェーンに関する取り組みを整理する
  • 【BIG4】会計系コンサルティングファームのブロックチェーンに関する取り組みを整理
  • KPMGのブロックチェーンに関する取り組みを整理する。
  • EYのブロックチェーンに関する取り組みを整理
  • デロイトのブロックチェーンに関する取り組みを整理
おすすめの記事