企業のビジネス事例

三井物産のブロックチェーン関連の取り組みを整理する。

三井物産のブロックチェーンに関する取り組み

三井物産のブロックチェーンに関する取り組みを整理します。

貿易実務でのブロックチェーン技術の適用可能性に関する実証実験を開始(2017年12月)

2017年12月、三井物産は、ブロックチェーン技術の適用可能性に関する実証実験を開始しました。詳細については、以下のプレスリリースをご覧下さい。

三井物産株式会社は、株式会社三井住友フィナンシャルグループによる貿易実務の高度化におけるブロックチェーン技術の適用可能性に関する実証実験を、株式会社三井住友銀行、株式会社日本総合研究所、株式会社商船三井、三井住友海上火災保険株式会社、日本IBM株式会社と共に2017年12月から開始します。今回の実証実験では、実貿易取引に合わせて、各参加企業がブロックチェーン上の貿易用アプリケーションを用いて契約および各種ドキュメント情報の入力および共有を行います。検証として、貿易取引に要する時間の短縮や各種ドキュメント間での食い違いの低減、事務作業の削減などを従前の貿易業務と比較して確認します。三井物産は総合商社として、お客さまが必要とするものを安全・最適にお届けするトレーディング機能を世界中で提供しています。今回の実証実験を通じ、長年にわたるグローバルでのトレーディング事業で培った経験・ノウハウと最新ブロックチェーン技術を融合させ、貿易取引における生産性向上と新たな可能性を追求していきます。

参考:貿易実務でのブロックチェーン技術の適用可能性に関する実証実験を開始

個人的な見解・考察

個人的な見解・考察は以下の通り。

三菱商事と同様、三井物産もブロックチェーンに関する本格的な取り組みはこれからという印象。