スイスの金融当局FINMAが定めた「ICOガイドライン」

トークンの3分類

スイスの金融監査機関であるFINMA(the Swiss Financial Market Supervisory Authority)がICOに関するガイドラインを作成しました。当ガイドラインでは、ICOプロジェクトを3つのカテゴリーに分類し、それぞれに適用される法律の枠組みなどを定めています。

決済用トークン

一つ目のカテゴリーは「決済用トークン(payment tokens)であり、その名の通り決済手段として用いられるトークンが該当します。

ユーティリティトークン

二つ目のカテゴリーは「ユーティリティートークン(utility tokens)」であり、ある特定のデバイスやサービスの利用に必要なトークンとして開発されたものが該当します。

資産トークン

最後のカテゴリーは「資産トークン(asset tokens)」であり、企業や何らかの資金源に根ざした資産に相当するトークンや、保有していると配当や利子を得られるトークンが該当します。

個人的な見解・考察

個人的な見解・考察は以下の通り。

スイスはICOフレンドリーな国として知られており、仮想通貨・ブロックチェーンを自国の産業の柱として積極的に育成することを目指しています。法規制のみならず、税制についても、事業者にとっては魅力的に映るとの話もあり、また情報を整理したいと思います。