ICO

米国でICOを実施する際に押さえておきたい「SAFT」について整理する。

SAFTの概要

SAFTとは、Safe Agreement for Future Tokenの略称です。SAFTでは、証券に該当するかどうかを一旦留保しておき、不特定多数に対して、資金調達を募るのではなく、機関投資家などの適格投資家にのみトークンを販売します。その後に、証券に該当しないとわかって以降は、広く公衆に対して、資金調達を実施します。

SAFTを実際に活用した事例

SAFTを実際に活用した事例は以下の通り。

FileCoin

FilecoinのICOは2回実施されており、7月末に実施された1回目のICOでは150以上の企業、個人投資家から約5200万を調達しました。参加した企業は以下の通り。

  • アンドリーセン・ホロウィッツ
  • セコイア・キャピタル
  • デジタル・カレンシー・グループ
  • ウィンクルボス・キャピタル

日本時間の8月11日から9月8日にかけて実施された2回目のICOでは、最初の1時間で約1億3500万ドル、最終的に約1億4900万ドルを調達に成功。このICOには世界50カ国、2,100人以上の投資家が参加しています。FilecoinのICOは、証券取引委員会(SEC)の規制に準拠したICOを行ったことで注目を集めました。それを実現したのは上記のSAFTと呼ばれる仕組みです。

個人的な見解・考察

個人的な見解・考察は以下の通り。

他国に比べ、米国はICOに関して厳格な規制を設けていることで知られていますが、投資家保護に則ったSAFTのようなフレームワークを活用することで、トークン販売を行なったケースもあり、要注目です。