法規制

【法規制】マルタのブロックチェーン3法案の特徴を整理する

マルタのブロックチェーン3法案の概要

マルタのブロックチェーン3法案の概要は以下の通り。

仮想通貨金融資産法(VFA法)

仮想通貨金融資産法(The Virtual Financial Assets Act/VFA)は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の規制を扱っており、ICOを通じた資金調達プロジェクトにホワイト・ペーパーを発行する義務がを課しています。また、発行者の財務履歴を公開することも求めています。

マルタデジタルイノベーションオーソリティ法(MDIA法)

マルタデジタルイノベーションオーソリティ法(The Malta Digital Innovation Authority Act/MDIA)は、業界特有の統治機関が設立されると推測しています。そのような機関は、この法律に記載された指針の開発と実施を支援し、分散型または分散型技術を含む技術革新に関するビジョン、スキル、およびその他の資質の開発のための一貫した原則を推進する責任があります。さらに、革新的技術、取り決めおよび関連サービスに関する規制機能を実行します。

テクノロジーアレンジメントおよびサービスプロバイダー(TAS法)

革新的技術の整備とサービスに関する法律(The Innovative Technology Arrangements and Services Act)は、指定された革新的技術契約の規制に関係する法規制です。前の2つの法案の基礎となります。

個人的な見解・考察

世界で最もブロックチェーン領域で先進的な取り組みを見せているのがマルタであり、マルタで起こったことが数年後に日本でも起こるようになる可能性があります。