ブロックチェーンアプリ開発

【アマゾン】AWS Blockchain Templateの特徴を整理【BaaS】

AWS Blockchain Templateの特徴

AWS Blockchain Templateの特徴は以下の通り。

迅速なデプロイ

ブロックチェーンネットワークを Amazon ECS または Amazon EC2 のインスタンスにすばやくデプロイし、アプリケーションの構築に集中できます。

複数の選択肢

最も一般的なフレームワークである Ethereum と Hyperledger Fabric の 2 つから選択できます。どちらのフレームワークでも分散型コンセサスアルゴリズム、スマートコントラクト機能、アクセスコントロール機能を利用できます。

管理のしやすさ

AWS Blockchain Templates には、ブロックチェーンの管理、モニタリング、参照を行うための追加コンポーネントが含まれています。

従量課金制

支払いは実際に使用したリソースに対してのみです。スタートアップ/シャットダウンは、アプリケーションの要求に応じてオンデマンドで行うことができます。

AWS Blockchain Templateで利用可能なプラットフォーム

AWS Blockchain Templateで利用可能なプラットフォームは以下の通り。

イーサリアム(AWS Blockchain Template for Ethereum)

イーサリアムはイーサリアム財団によるオープンソースのブロックチェーンフレームワークです。イーサリアムを活用することで、ダウンタイム、検閲、詐欺、または第三者による干渉なしにプログラムどおりに動作するブロックチェーンアプリケーションを作成することができます。イーサリアムの公開ネットワーク上でのトランザクション実行、新しい公開ネットワークの構築、またはイーサリアムのスマートコントラクト言語であるSolidity の使用を希望する場合には、イーサリアムが適しています。

Hyperledger Fabric(AWS Blockchain Template for Hyperledger Fabric)

Hyperledger Fabricは、Linux Foundationによるオープンソースのブロックチェーンフレームワークです。Hyperledger Fabricを活用し、ブロックチェーンアプリケーションを作成することで、ブロックチェーン上のデータに対するアクセス制御とアクセス許可を提供することができます。プライベートなブロックチェーンネットワークを作成したい場合、または参照可能なトランザクションを当事者ごとに制限したい場合には、Hyperledger Fabricが適しています。

AWS Blockchain Templateのケーススタディ

AWS Blockchain Templateのケーススタディは以下の通り。

インテル&T-mobile

イングランド銀行

Coinbase

Consensys

個人的な見解・考察

2017年11月時点では、AWSはブロックチェーンの導入に消極的なスタンスを取っていましたが、2018年に入ってから、ブロックチェーンの導入を進めています。今後の彼らのブロックチェーンに対するスタンスは要注目と言えるでしょう。