• イーサリアム
    イーサリアムクライアントの中で代表的なものを整理
    2018年2月8日
  • ICO
    スイスの金融当局FINMAが定めた「ICOガイドライン」
    2018年7月6日
  • プログラミングスクール
    ブロックチェーンを勉強・学ぶ上でおすすめのプログラミングスクール
    2018年2月9日
  • おすすめ本・書籍
    ブロックチェーン技術を勉強・学ぶ上でおすすめの本・書籍を整理
    2018年2月9日
B Dash VentureによるICOファンド「B Cryptos」について整理する。

ICOファンド「B Crypto」とは

ICOファンド「B Crypto」について整理しておきます。

独立系VC「B Dash Ventures」が組成

B Cryptoは国内の独立系ベンチャーキャピタルとして知られるB Dash Venturesが組成したファンドです。

B Cryptoのファンドとして利益を上げるための仕組み

ファンドとして利益を上げるための仕組みは以下の通り。

  1. ICOでトークンを発行するスタートアップ企業に出資
  2. 上場前にトークンを受け取る
  3. トークンが上場し、価格が上昇したところで売却し、利益を得る

ただし、B Cryptoは上場後のトークンに対しても投資を行っていくとのこと。

個人的な見解・考察

海外においては、米国をはじめとして、いくつかのICOファンドが存在していますが、いよいよ国内でもICOファンドが生まれてきています。

ICOについては、規制面で乗り越えるべき障壁があり、最近では、自主規制団体により、ICOを実施するためには仮想通貨交換業者への登録が求められるようになりました。

B Cryptoも仮想通貨交換業登録を完了している取引所をパートナーとして迎え入れており、このあたりは抜かりがないなという印象です。

ICOの関連記事
  • 【セキュリティトークン】OKMSXの特徴を整理
  • 【セキュリティトークン】Neufundの特徴を整理
  • 香港規制当局(SFC)のICO関連の取り組みを整理する
  • シンガポールのICOを規制するガイダンス「A Guide To Digital Token Offering」を整理
  • シンガポールでICOを実施したプロジェクトを整理
  • セキュリティトークン発行プラットフォーム「Polymath Network」
おすすめの記事