イーサリアム

スマートコントラクト開発で必要となる統合開発管理フレームワーク「Truffle」の環境構築とインストール方法を整理する。

概要

Truffle(トリュフ)とは、スマートコントラクト開発で必要となるコンパイル、リンク、デプロイ、バイナリ管理の機能を有する統合開発管理フレームワークです。

特徴

Truffle(トリュフ)の特徴は以下の通り。

  • スマートコントラクトのコンパイル、リンク、デプロイ、バイナリ管理
  • 迅速な開発を目的とすうrスマートコントr区とのテスト
  • スクリプトえ記述できる拡張可能なデプロイとマイグレーションのフレームワーク
  • パブリックネットとプライベートネットにデプロイできるネットワーク管理
  • ERC190規格を使用したEthPMとNPMによるパッケージ管理
  • コントラクトと直接やり取りできる対話式コンソール
  • タイトなインテグレーションをサポートする設定変更できるビルドパイプライン
  • Truffle環境内でスクリプトを実行する外部スクリプトランナー

環境構築

npmのインストール

まず、Homebrewをインストールし、以下のコマンドを叩きます。

[box class=”box28″ title=”コマンド”]

$ brew install npm

[/box]

Truffleのインストール

npmのインストールが完了次第、npmでTruffle(トリュフ)をインストールします。

[box class=”box28″ title=”コマンド”]

$ npm install -g truffle

[/box]

プロジェクトの作成

Truffle(トリュフ)のインストールが完了したら、新規プロジェクトを作成していきます。

[box class=”box28″ title=”コマンド(ディレクトリ作成)”]

$ mkdir newproject

$ cd newproject

[/box]

[box class=”box28″ title=”コマンド(プロジェクトの新規作成)”]

$ truffle init

[/box]